tok's  楽書き帳

tok3.exblog.jp ブログトップ

「赤いきつねと緑のたぬき」

「赤いきつねと緑のたぬき」の飛出し注意看板の謎
北海道の高速道路「道央自動車道」の滝川市付近に、なぜかカップ麺でおなじみの「赤いきつねと緑のたぬき」らしき絵が描かれた飛出し注意看板がある、と言う。
その付近に、同じようなキツネとタヌキのシルエット風看板がご丁寧に用意されているというから、相当な念の入れようだ。
そもそもドライバーには混同されがちだが、道路には「標識」と「補助看板」の二種があって、これらはまったくの別モノ。国連の制定する標識にならって、国土交通省令で定めたものが「標識」で、動物飛出し注意の標識は「黄色地に黒の鹿」が正式なのだそうだ。
「皆さん、鹿が描かれた標識を見ると、鹿が出てくると思うようですが、あれは動物全般をあらわしたもの。鹿でなくとも、どんな動物でも、標識上は"鹿"を用いることになってるんです」
知りませんでした……。

一方、「補助看板」は、道路を管理する自治体や公団がイラストを決めて良いことになっているため、沖縄では亀、広島ではカワウソやイノシシなど、「ご当地モノ」がたくさんあるそうだ。

e0001907_21125064.jpg
高速道路などでよく見る『動物注意』の看板、鹿や熊。本当に見てみたいもんだと思っていたが、
『鹿が出てくると思うようですが、あれは動物全般をあらわしたもの。』
と言う事らしい‥‥
なんで、動物全般が鹿なんだろうか?
[PR]
by tok-3 | 2005-09-21 20:59 | ニュース
line

思いつくまま、気の向くままの、お気楽日記じゃ


by tok-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30